2018年5月28日月曜日

富士見パノラマ レースレポート (後藤大地)

5月27日(日)
会場:富士見パノラマ

 
6:00起床
12:30アップ開始~13:00
13:45スタート

 
結果 ジュニア14位 14.5km/h

ジュニアに上がって初めてのレース。UCIポイントも付くため海外からの選手も何人か来ていた。目標は完走と一桁。
しかし王滝後からテストなどがあり、疲れや充分な練習時間がとれず、少し不安なままレースを向かえた。

 
前日試走は午前はチームメイトと2周走った。1周目は新しくできたロックセクションの攻略や今までとは全くレイアウトが変わったコースを覚えることを中心に走った。2周目はスムーズに1周走れることを意識して走った。
新しくできたロックセクションは初めは恐怖感が強かったが1回行けると恐怖感もなくなりスムーズにクリアできるようになった。
コースはレイアウトが変わりすぎて覚えるまでに何回もコースアウトしてしまった。
午後は全体を2周通して終わりにした。

体も動くしリズムもよく走れ、体の感覚はよかった。あとは体力と腰の痛みしだいだと思った。
試走後は17:30にご飯を食べ、21:30に寝た。
 
当日は6:00に起き7:15分に会場に着いて、他のチームメイトの応援をしながら時間をまった。
スタート1時間ちょっと前からアップを開始した。アップ後着替えをして召集に向かった。

スタートは3列目の左側。クリートキャッチはうまくいき加速するもジュニアのスタートは今までよりもスピードが早く中盤にいるのがやっとだった。

 
Photo by 伊藤さん 
登りに入り4人のパックで下りに入る。下りは焦らず集団のペースで走った。登りに返して集団の前に出てた。登りに終えるときに一人捕まえ後半のロックセクションに入った。ロックセクションでは少し焦りドロップオフで前転。怪我もなくすぐに立て直し再スタート。2周目前半までは前後5秒にジュニアの選手が見える位置で走り、完走もできると思っていた。しかし2周目後半の下りから3周目の下りまであわせて5,6回チェーンを落としてしまい大幅のタイムロス。原因はローラー台のときにディレーラーのロックを外したまま走っていたことだった。すぐにロックをかけるも、リズムを取り戻せず腰が痛くなりスピードダウン。4周目まで立て直せず80%カットでレースが終了してしまった。
 
Photo by 伊藤さん
初のジュニアレースで-1lap。前半の調子がよかった分悔しかった。今回は前半はリズムもよく、腰も痛くなく楽しく走れた。しかしレース前の自分のミスでリズムを崩してしまい後半がグダグタになってしまった。
次は同じ会場で開かれる全日本選手権。それまでに体力面や腰の痛みをさらに改善し、前半のリズムを後半まで繋げられるようにしていきたい。
 
応援ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

シクロクロス全日本選手権大会レースレポート (片桐翼)

Date   : 2018/12/09 Place   : 滋賀県マキノ高原スキー場 Result : U23 6 位 ( +6:11 ) 使用サプリメント:トップスピード ×1 (スタート 20 分前) 前日に会場に到着し、試走を行いました。 ...