2018年10月22日月曜日

信州シクロクロス 第2戦 富士山(JCX) レースレポート (片桐 翼)


Date : 2018/10/21
Place : 静岡県富士宮市 道の駅フードパーク
Result : C1 / 73 -5lap )

前回のレースで昇格したのでC1出走でした。
しかも97人。
かなりハードなレースでした。

11時頃会場に着きランなどでアップを行い昼の試走をしました。
コースは休みどころのないきついコースでした。
3周試走をしてレースに備えました。

前回のレースで昇格したばかりなのでスタートは最後尾でした。
スタートからジュニアの選手が前に上がっていったのでそのラインをトレースして前に。
しかし、すぐに離されてしまいました。
そこからは何とか前に出るように考えながら走りましたがうまくいかず逆に失速。
どんどん順位を下げてしまい、80%カットされてしまいました。

C1で走ることの難しさを体感させられたレースでした。
現状では圧倒的にC1で走るためにはパワーとスピードが足りてない状態です。
これは日々の積み重ねをしていくしか方法はないと思うので頑張りたいと思います。
まずはC1のレースで半分より上の順位を獲ることを目標にします。

応援ありがとうございました。
TEAM GRM 片桐

2018年10月21日日曜日

信州シクロクロス 第1戦白樺湖 レースレポート (荒川 翔太)

2018/10/14

会場:白樺湖ロイヤルヒル
結果:C4   6





私の2018-2019のシクロクロスシーズンは、白樺湖で開幕しました。

レースは第1レースだったので、試走を終えたあと体を冷やさないようにし、チームテントのローラーでアップしてから招集に行きました。





今回のレースで良かったと思う点は落ち着いて1人づつコーナーでインコースをとり、着実に順位をあげられたことだと思います。




スタートでは最初のコーナーが狭かったので、落車しないようにスピードをあげずに慎重に立ち上がりました。


Photo : 駿さん



1周目ではコーナーからの立ち上がりやシケインで減速をしないように注意し、4位まで上がりました。


Photo : 信州ふぉとふぉと館さん



2周目では前の人が見えていたので、少しケイデンスをあげて後につき、階段を登ったあとの坂で抜かし3位まで上がりました。


そのまま3周目も抜きつ抜かれつでレースを進めましたが、私が周回数を間違えており、3周目のラストの坂で全部出し切ってゴールを迎えたはずが、実は4周目がありました。


4周目はそのせいで息があがってしまい、後ろからまた別の選手と抜かしたり抜かされたりの繰り返しだったのですが、階段で先を越されてしまい5位に落ちてしまいました。


息を整えラストの坂に入るとまた後ろから別の選手がきており、ラストはスプリント勝負になったのですが最後で抜かされてしましました。


悔しい結果になりましたが、まだシクロクロスシーズンは始まったばかりなので、今回の反省を生かして次は表彰台に上がります。



応援・サポートありがとうございました。














































                            


2018年10月15日月曜日

信州シクロクロス 第1戦白樺湖 レースレポート (片桐 翼)


日時:2018/10/14
会場:白樺湖ロイヤルヒル
結果:C2 1

今年のシクロクロスシーズンが始まりました!
この大会が初戦になるのでかなり気合が入ってました。
今年からU23になるのでC2で優勝してC1に昇格することが今回の目標でした。

当日8:00に会場に入り、まずはチェーンデバイスを組み付けました。
(付けてなかったらまともに走れなかったと思います)
8:30ごろに監督とチーム員と一緒に試走しました。
登りが多いコースレイアウトでした。

スタート1時間前にアップをしてから召集場所移動しました。

スタートは2列目
シクロクロスは1周目から飛び出したほうが楽だと思ったのでスタートからすぐに先頭に出て行きました。
とりあ1周目は無難にこなし2周目に入りました。
2周目で後ろの選手は近かったもののかなり疲れてるような感じがしたのでペースは上げずに走りました。
Photo : 駿さん
気持ち的にもかなり余裕が出来たのでミスをしないことだけを考えて周回を重ねました。
最後の5周目は若干ペースを上げて、1位でゴールしました。
Photo : 吉田基宏さん 
スタートからゴールまで1位で走れたのでよかったです。
全体的にケイデンスが遅かったので、次のレースではケイデンスを上げて走れるように意識して走ろうと思います。

次のレースからC1で走ることになります。
今回のレースの1周目のタイムは、C11位の選手より1分も遅いタイムでした。
この差を埋められるようにこれからの練習に取り組んで、C1で上位に絡めるように頑張ります!

応援ありがとうございました。

TEAM GRM 片桐翼

2018年9月28日金曜日

茨城シクロクロス 第1戦 レースレポート(上野悠佑太)


日時:2018/9/16(日)雨のち晴れ
場所:うぐいすの里
結果:CJクラス 優勝
周回数:3周(40分)

 今シーズン初シクロクロスにしゅつじょうしましたb。日本の中でも1番最初のシクロクロス大会なので誰もが初戦。自分はCJクラスにエントリーして人数は3人と少なめでした。大会の週は勉強に追いやられそこまで身の入った練習は出来ずにいました。それでも最低限を維持するように練習を続け大会に備えました。

コースは少し雨が降った影響で朝の試走ではかなりスリッピーな状態でした。ただ徐々に晴れて難易度的にはそこまで難しくないコンディションになっていきました。そしてこのコースの最大の難所である激坂階段登りは以前とは違うレイアウトでかなりきつい担ぎスポットになっていました。ここは勝負所だなと感じました。


 レースではC2CM1CL1と同じ時間帯で時間差スタートでした。(CJ1番最初)なのでその中では総合トップの走りができたらいいなと思っていました。
レーススタート。スタートは落ち着いて3人パックの中の最後尾で皆んなの様子を伺いました。皆んな牽制しあっていたのか後ろからくるC2やマスターズにどんどん近づかれていました。そして2周目に入った時に自分が先頭に出て少しペースを上げました。そして階段付近で2位との差が少し開きました。ホームストレートに帰ってきて残り2周かなと思っていたら最終周のベルが鳴りマジかと思い全力でラスト1周を走りました。最終周の階段は想像以上にキツくてやばかったです。それでもそのまま逃げ切ることができ今シーズン初シクロを優勝で終えることができました。



 やはりこのコースでは階段が肝になりそこで優位に立てたのが良かった気がします。後、去年も走っていたというアドバンテージは活かせたと思います。そして同時出走のクラスの中ではトップタイムで走ることもでき良かったです。しかしC1と比べると総合6位くらい。C1の方が周回数は長いしまだまだ力の差を感じました。次のレースはいつになるか分かりませんがピークをしっかり合わせて次もいい走りができるように練習して行きたいと思います。今回も応援・サポートありがとうございました。


TEAM GRM 上野悠佑太



2018年8月20日月曜日

アドベンチャー富士見 レースレポート(上野悠佑太)


日時:2018/8/19(日) 晴れ
会場:富士見パノラマ
結果:10代クラス優勝
周回数:42km×1

 GRMチーム合宿も終え久しぶりの長距離レースに参加しました。レースの週は合宿と部活があり疲労も溜まっていたのでアキュパワーに行きました。なので体はスッキリした状態で迎えられました。
 コースは42km一周回で最後はパノラマのCコースをダウンヒルして帰ってくるレイアウト。去年も走っているので道も分かりペース配分もしっかり考えて挑めました。


 レースはパレード走行から林道に入ると本スタート。序盤から前で展開しようと思い総合6番手で最初の登りに入りました。途中でトップ集団から離されてしまい、前も後ろも居ない孤独状態で1時間頑張って登りました。そこから呼吸を整えながら走っていると終盤で最後尾から追い上げてきたマシュンさんと一成に追いつかれ3人で最後の激坂へ。足はパンパンという言葉を超えるほどやばかったです。マシュンさんには離されてしまい一成と一緒に最後のCコースダウンヒル。指も腕も限界にきてましたが最後の最後でマシュンさんに追いつき3人でラスト300m。後ろから追い上げられてる分ここは勝たないと、そしてエリミネーターで鍛えたスプリントで負けたくないと思い必死にもがきその集団の先頭でゴール出来ました。そして10代で優勝でした。


 今回は1人で耐えながら最後は集団での駆け引きもあって、色々な事が出来たレースでした。最初はバテないかと不安でしたが最後まで踏めたところは合宿の成果だと思いました。来年はもっと前でレースを展開出来るようにしたいです。
今回も応援・サポートありがとうございました。


TEAM GRM 上野悠佑太



信州シクロクロス 第2戦 富士山(JCX) レースレポート (片桐 翼)

Date : 2018/10/21 Place : 静岡県富士宮市 道の駅フードパーク Result : C1 / 73 位 (  -5lap  ) 前回のレースで昇格したので C1 出走でした。 しかも 97 人。 かなりハードなレースでし...