2018年7月6日金曜日

CJ田沢湖レースレポート(澤井千洋)

場所:秋田県田沢湖スキー場   開催日:7月1日
コース:4600㍍1周回 天気:晴れ  コースコンディション:乾きかけの泥
結果:5.6年男子  2位

前日
お昼ご飯に盛岡冷麺を食べて13時くらいに会場に着きました。
試走は雨で泥々でゆっくり走れなかったけどポイントの確認は出来ました。

当日
暑かったけど体調は良く試走は半周して来ました。
チャレンジと混走で僕は一番後ろからのスタートでした。
一番最初の登りは乗ることが出来ず頑張って押しました。フィードではお母さんが凄く冷たいかけ水を渡してくれました。
後半の泥々区間にマシュンさんがいて『前にいる(多分前にいるから追えと言う意味だと思います)』と言われ頑張ったらぜんしん君がいたので越しました。
オフィシャルでも水分を取り最後の登りを走りました。

レースを終わって
いつも負けているぜんしん君に勝てて嬉しかったです。でも2位でしたので次は1位を狙いたいです。
そのためにはもっと登りの持久力を着けていきたいです。
田沢湖を走ってみてパノラマより登りが多くて坂がキツかったです。でもテクニカルなコースで僕は好きです。
(朽木は嫌い…)

そして監督のフィードでいろいろ教えてくれたキリンのスタッフの方ありがとうございます。今度はボトルを落とさないよう頑張ります。


母より
毎回レース会場でアドバイスをしてくれる選手の皆様ありがとうございます。
そして応援ありがとうございました。







写真提供:伊東秀洋様

2018年6月28日木曜日

CJ2 妙高 レースレポート(後藤大地)

日付:6月24日(日)

会場:妙高杉ノ原スキー場

結果:ジュニア4位 22.4km/h

レース:4.0km×5周回

前のレースから2週間、雨などあったが最低限の練習は取り組めてレースに臨むことができた。
今回初の妙高戦。レース雰囲気やコースを楽しみにして会場に向かった。
会場には前日入りし、試走をした。試走は最初にコースを覚えるために2周しっかり走り、そのあとレースを意識して走った。少し休憩して何個か心配なセクションを反復練習して試走を終了した。
コースは思っていたよりも面白いレイアウトでレースが少し楽しみになった。

その後宿に向かい、ご飯を食べてお風呂に入って22:30に寝た。

朝6:45に起きてゆっくりご飯をたべ、7:30に宿を出発して会場に向かった。チームメイトの応援をしながらコースを見たりしてアップまでの時間を過ごした。水分不足にならないよう常に水を持ち歩き、こまめに飲むようにした。

今回はアップの20分前くらいに1回ドバッと汗をかき水浴びをしてからレース1時間前にアップをした。

アップ後着替えて召集に向かった。レースはエリートと同時出走だったのでエリートの後ろに並んだ。初めてのエリートと同時出走で少し緊張しつつも楽しみに感じた。

スタートは前に詰まってしまい上手く飛び出せず集団のまま下りに入った。スピードが思うように出せず集団から少し遅れぎみでフィードの登りに入った。登りの途中にフィードがあるため掛水をしっかりとることができた。フィードを過ぎると集団がバラけ、同じジュニアの選手とパックで走るかたちになった。ローテーションしながら少し前にいる選手の背中を追った。

3周目フィード前でパックで走っていた人から遅れてしまった。いつもならここで失速するパターンだか今回はたんたんと自分のリズムで走り続けることができた。1,2周目はなかなか自分のペースを作れず我慢の走りだったが3周目くらいからリズムをつかんできた感覚があった。
photo by sumpさん
 
そのまま前との差を縮めていき、4周目で抜き返すことができた。その後は前にいるエリートの選手との差を少しずつ縮め1人抜き、ゴール。

 [反省点]
前半でリズムを掴みきれずスロースタートみたいな感じになったしまった。なのでどうやったら1周目のうちにリズムを掴められるのか模索してみようと思った。
下りで差が開いてしまうことが多々あった。もっと早く下れるようテクニックなどをつけていく。


[良かった点]
レース中に抜かれてもそこで垂れずに数周回後に抜き返すことができた。また、リズムを掴んだあとたんたんと走ることができ数人抜くことができた。そして5周回のタイム差があまりなく、毎周回ほぼ同じタイムで走ることができた。今回のレースでできたことをしっかりと身につけ、次の全日本でもできるようにしたい。


今回ジュニア初の4位。上位の選手が来てなかったものの自分にとっては嬉しい順位だった。トップとの差はまだまだあるのでもっと練習し、少しでも縮められるよう頑張りたい。
次は今年1重要な全日本大会なのでしっかり練習し、コンディション抜群で臨めるようにしたい。

応援ありがとうございました!!

2018年6月27日水曜日

CJ2妙高 レースレポート (上野悠佑太)


日時:2018/6/24(日)晴れ
会場:妙高杉の原スキー場
結果:ジュニアクラス6
周回数:5

ジュニアに上がってまだ完走していないこの状況を打開すべくエントリーした妙高。
コース的には得意ではなくどうなるか予想がつきませんでした。
コースは多少雨が降ったものの完全ドライ。いつも通りのコースで試走の時に89割で走ったら10分ちょいで短いコースだと感じました。そして周回数は5周なので1時間以内の久し振りに短時間レースとなりました。
 第一の目標としては完走。その中でも前の選手に少しでも付いていきジュニアのレース感をがっちり掴む事が大きな目標でした。そしてエリートと同時出走なのでエリートの走りも目に焼き付けたいと思いました。

レーススタート。スタートは無難にこなしジュニア4番手で下りに入りました。最初の周はジュニアトップもそこまで離れていなくて、常に見える位置でキープできました。そこからは体の状態は悪くないのになぜか順位的には落ちていくばかりでした。

 [Photo by. 伊東さん]

踏めてないという感じはほぼなく何がいけないのかと考えながら走っていました。終盤に入り気づいたのは登る前の下りを活かしきれずペースが上がらないこと。ただ気づいた頃には前との差は開きエリートのトップの選手が後ろから近づいてきていました。最後は何とかエリートに周回遅れにされずゴールする事が出来ました。と思ったら目の前の選手がジュニアで気付かずに走っていて痛いミスをしました。

 今回はひとまず完走出来たことが良かったし、久しぶりにゴールフラッグを見れて嬉しかったです。まだまだ改善できる場所は沢山見つかって全日本までの練習にも繋がる良いレースでした。課題は残るものの不満は残らなかった大会になりました。全日本ではしっかり順位も気にしながら自分の力を出し切れたらと思います。
今回も応援・サポートありがとうございました。

 [Photo by. 伊東さん]


TEAM GRM 上野悠佑太



2018年5月30日水曜日

CJ-U 富士見パノラマレースレポート(上野悠佑太)


日時:2018/5/27(日)晴れ
会場:富士見パノラマスキー場
結果:男子ジュニア15
周回数:5周回(–2lap)

 暑さとの勝負となった富士見パノラマのレース。UCIの大会となりジュニアも海外勢が来てくれたおかげでレベルの高いレースでした。自分はレースの週はテスト週間で自転車には一切乗れずランや筋トレで、暑い中練習したりは出来ていませんでした。
コースはいつものパノラマではあるもののコースのラインどりが大幅に変わりいつもより手前で曲がったりロックセクションが新設されていたり、一度イメージをリセットして試走しました。目標は海外勢もいる中、トップ5でそれが無理でもジュニアの速い人たちが見える位置で走ることでした。

 当日はチームメイトの応援のため8時ごろから会場に入り、レースのアドバイスを貰いながらゆっくり過ごしました。ただ上半身が少し重たいのをレース前に感じました。
レーススタート。2列目から無難にスタートしました。しかしメインの登りに入ってから予想以上に息が上がり同時に吐き気がしました。どんどん減速してしまい頂上の所でお昼ご飯がが逆流してきました。一回落ち着こうと思い直ぐにリスタートはせず、呼吸を整えました。それが良かったのか、2周目はまだ吐き気もありましたがだんだん回復方向で3周目にはしっかり前の選手を捕らえて抜くことができました。ですがそこまで。足切りをくらいレース終了。練習不足と暑さにやられたレースでした。

 [Photo by. 伊東さん]

 吐き気がして立ち止まってほぼ最下位まで落ちた時点で、足切りされることは分かっていました。しかもこの体調でリタイアも考えましたが、全日本のためにも何か自分に残したいと思い走り続けました。実際、メインの登りでは確実にリズムの掴める速い登り方を得れたし、レイアウト変更されたこのコースでの得意不得意部分はしっかり把握できました。次に活かせる部分が残ったのでこれを無駄にせず練習に取り入れたいです。
今回も応援・サポートありがとうございました。

 
 [Photo by. 伊東さん]

TEAM GRM 上野悠佑太



2018年5月29日火曜日

CJ-U富士見パノラマ レースレポート (片桐翼)


CJ-U 富士見パノラマ レースレポート
日時:2018/05/27
会場:富士見パノラマスキー場
結果:ジュニア9

王滝から続き4連戦目でした。

前日はチームで試走をしました。
1周目はコースを覚える感じで走りました。
新セクションの大岩は迫力があって面白かったです。
 2周目は追い抜くことを想定して走りました。
チームでの試走後はタイヤの空気圧を下げて1周半走って試走を終えました。

日曜日は8時に会場に到着しました。
レースを見ながらコースの状況を確認しました。
12時から準備を始めて12時半からローラーでアップを行いました。
1320分に召集エリアに向かいなるべく日影で待機しました。

スタートは2列目の右端。
スタートはうまく前に出れなかったので、目の前の集団についていく。
集団では前日の試走で追い抜くことを想定した試走をしていたので無駄な体力を使わずに前に出ることができた。
2周目で集団の前に出て、前の選手を追った。
Photo:SumpuPhoto
登りはペースを維持しながら登っていき、下りは一番安全なラインで下り前を追った。
フィードの前でジュニアの選手が見えたので、ダンシングをうまく使ってペースを上げた。
下りで差を詰めるが、登りで離されを繰り返し、10~20秒差くらい離れた状態が続いた。
Photo:SumpuPhoto
その後もその差は詰められず前の選手と20秒差、9位でゴールした。

レース中に集中が切れることなく、前を追うことを意識しながら走れたのは良かった。
しかし、登りで差を詰めることができなかったので登坂練習を多く取り入れていきたい。

これで連戦は終わったので、全日本に向けて練習に取り組んでいこうと思います。

応援ありがとうございました。
TEAM GRM 片桐翼

2018年5月28日月曜日

CJ1富士見パノラマ大会レポート



今シリーズよりTEAM GRMに加入しました落合康生(コウセイ)です。

2018/05/27
CJ1富士見パノラマ大会。UCI3
Distance: 4.3 km x 3 Laps = 12.9 km
AM9:20 start

カテゴリーXCO Men Youth
使用機材
バイク

ROCKY MOUNTAIN VERTEX970RSL
ホイール
MAVICクロスマックスSL + pulse
空気圧1.4K 

メインコンポ
SHIMANO  XT

ユースカテゴリーデビュー戦となる今回のレースは11人中9位でした。



この大会の前(1ヶ月前)の練習で左小指付け根を骨折してしまって2週間くらいほとんどローラー台しか出来ませんでした。実際にまともな練習ができたのは大会の1週間前でこういう時に自分の身体のメンテナンスをして、どういった練習がいいのか、どういったものを飲食すればいいのかなどで、気を使わないといけない点だと思いました。


大会前日、同宿だったベテランの方々と会話中に空気圧を少し下げるアドバイスを貰いました。
当日空気圧下げて試走を短目にしましたが昨日よりグリップ感がいい感じとなり、この空気圧で行く事にしました。
レース開始1時間前にストレッチをし30分ほどローラーにてアップし召集へ。




今回のレースで良かったと思う点は、ロックセクションの手前のカーブからスムーズにいけたところです。大岩の前のドロップもうまく行けた、大岩も問題はなかった。
あとは、ラストの、芝生の上り坂でこぎきれました。



今後から直していく点は、スタートで滑って上手く前に行けなくて、その時に焦っておしりにサドルが刺さって、力が出なくなった 。


レース中たくさんの方から「コーセー!」と声援をいただき頑張れました。
こういった経験を活かして今後にも、全日本にむけて失敗したことから学んでいきたいと思います。
会場内での掛け声をはじめ、応援してくださった皆様ありがとうごさいました。
写真 伊東さん(Sumpu Photo)。いつも沢山の写真をありがとうございます。


富士見パノラマ レースレポート (後藤大地)

5月27日(日)
会場:富士見パノラマ

 
6:00起床
12:30アップ開始~13:00
13:45スタート

 
結果 ジュニア14位 14.5km/h

ジュニアに上がって初めてのレース。UCIポイントも付くため海外からの選手も何人か来ていた。目標は完走と一桁。
しかし王滝後からテストなどがあり、疲れや充分な練習時間がとれず、少し不安なままレースを向かえた。

 
前日試走は午前はチームメイトと2周走った。1周目は新しくできたロックセクションの攻略や今までとは全くレイアウトが変わったコースを覚えることを中心に走った。2周目はスムーズに1周走れることを意識して走った。
新しくできたロックセクションは初めは恐怖感が強かったが1回行けると恐怖感もなくなりスムーズにクリアできるようになった。
コースはレイアウトが変わりすぎて覚えるまでに何回もコースアウトしてしまった。
午後は全体を2周通して終わりにした。

体も動くしリズムもよく走れ、体の感覚はよかった。あとは体力と腰の痛みしだいだと思った。
試走後は17:30にご飯を食べ、21:30に寝た。
 
当日は6:00に起き7:15分に会場に着いて、他のチームメイトの応援をしながら時間をまった。
スタート1時間ちょっと前からアップを開始した。アップ後着替えをして召集に向かった。

スタートは3列目の左側。クリートキャッチはうまくいき加速するもジュニアのスタートは今までよりもスピードが早く中盤にいるのがやっとだった。

 
Photo by 伊藤さん 
登りに入り4人のパックで下りに入る。下りは焦らず集団のペースで走った。登りに返して集団の前に出てた。登りに終えるときに一人捕まえ後半のロックセクションに入った。ロックセクションでは少し焦りドロップオフで前転。怪我もなくすぐに立て直し再スタート。2周目前半までは前後5秒にジュニアの選手が見える位置で走り、完走もできると思っていた。しかし2周目後半の下りから3周目の下りまであわせて5,6回チェーンを落としてしまい大幅のタイムロス。原因はローラー台のときにディレーラーのロックを外したまま走っていたことだった。すぐにロックをかけるも、リズムを取り戻せず腰が痛くなりスピードダウン。4周目まで立て直せず80%カットでレースが終了してしまった。
 
Photo by 伊藤さん
初のジュニアレースで-1lap。前半の調子がよかった分悔しかった。今回は前半はリズムもよく、腰も痛くなく楽しく走れた。しかしレース前の自分のミスでリズムを崩してしまい後半がグダグタになってしまった。
次は同じ会場で開かれる全日本選手権。それまでに体力面や腰の痛みをさらに改善し、前半のリズムを後半まで繋げられるようにしていきたい。
 
応援ありがとうございました。

CJ田沢湖レースレポート(澤井千洋)

場所:秋田県田沢湖スキー場   開催日:7月1日 コース:4600㍍1周回 天気:晴れ  コースコンディション:乾きかけの泥 結果:5.6年男子  2位 前日 お昼ご飯に盛岡冷麺を食べて13時くらいに会場に着きました。 試走は雨で泥々でゆっくり走れなかったけど...