2018年10月31日水曜日

東北シクロクロス 寒河江ラウンドレースレポート(上野悠佑太)

日時:2018/10/28(日)晴れ
会場:グリバーさがえ
結果:C2 3
周回数:3km×5周回(40分)

東北シクロクロスに初参戦しました。寒さが予想されましたが当日はいい天気で全く問題ありませんでした。レースの週はウィンゲートやチーム練習、アキュパワーとかなり質のいい1週間を送れました。
大会では富士山大会の時に試走がまともに出来なかった反省を踏まえ前日から行きコースを入念に確認しました。最初はだだっ広い草原で完全ロード向きのパワーコースに見えました。ただ走っていくうちに平らに見えていた草むらがシクロで1番ガタガタなんじゃないかと思うくらいガタガタな道という事が分かり、土が固まったようなパンクを誘うコースでした。そして当日朝試走ではパンクしてタイヤ変更と空気圧を15から17に変更してレースに備えました。
レースではパワー勝負では勝てないと思っていたので、スタートやコーナリング、戦略で勝負しようと考えていました。

 [Photo by. 齋藤さん]

レーススタート。上手く抜け出し先頭でレースを進めました。半周まではそのまま先頭で展開しましたがやはりストレートでは抜かれてしまい2つ順位を落とし3位でレースを進めました。そこからは1人旅でペースを落とさないようにだけして前を追いました。いつもなら落ちてしまった後半も踏める感覚がありました。自分のペースやラインを乱さず集中をしました。そしてそのまま3位でゴール。C2表彰台は全員ジュニアでした。

 [Photo by. 齋藤さん]

今回は回転も意識し最後まで回せました。ただやはり完全に出来たわけでなく少しずつペースが落ちていくのも感じました。そこを改善すればさらに上位とのタイムが縮まると思いました。最近のレースは練習の質と量がもろに出るレースばかりで日々の積み重ねの大切さを感じました。継続を心がけ頑張っていきたいです。


今回も応援・サポートありがとうございました。

TEAM GRM 上野悠佑太




2018年10月30日火曜日

CJ1 妙高レースレポート (片桐 翼)


Date   : 2018/10/27
Place  : 妙高杉ノ原スキー場
Result : CJ 6

今回は金曜日に試走できなかったので、当日の朝に試走しました。
朝から雨が降っていてコースは濡れていましたが、特に難しいところはありませんでした。

1時間前からアップをしました。

雨が止んだり降ったりを繰り返していましたが、スタート前には止みました。

スタートして登りきった後のくだりで落車があり少し巻き込まれましたが、すぐに抜け出せました。
Photo : SumpuPhoto
しかし、登りで前との差を詰めることが出来ずそのまま下りに入りました。
試走ではクリア出来ていたのですが、去年骨折した事を思い出してビビってしまいミスを連発してしまいました。
Photo : SumpuPhoto
でミスした分登りで頑張りましたが、前との差は縮まらず6位でゴールしました。

マウンテンバイクの最終戦でしたが、いい結果が出せず悔しいです。
前回のシクロクロスでC1を走った時と同じくトップ選手との差を感じました。
このままでは来年戦うことが出来ないので、今年の冬は自分なりに考えて練習に取り組みます。
応援ありがとうございました。
TEAM GRM 片桐翼

2018年10月25日木曜日

シクロクロスミーティング JCX富士山レースレポート(上野悠佑太)


日時:2018/10/21(日)晴れ
会場:あさぎりフードパーク
結果:ジュニアクラス 3
周回数:3 80%cut

JCX富士山大会に参戦しました。自分は今年初のJCXで人数の多さに驚いたのとその人数の中ジュニアクラスがC1と混走ということ。レースの週は研究旅行だったのでほぼ練習は出来ずレース日を迎えました。何か不安があるわけでなく、練習も出来てないし固く考えず割り切って目標を立てました。まずはスタート。ホームストレートがゴロゴロと砂利が浮いていて自分の前に100人いる。落車は当然避けたい。ただそれだけでなく走りやすい場所、あえて走りにくい場所を把握しておいて本番ではこのラインが空くからそこに突っ込もうとか色々考えました。もう1つは1人にならない事。前回は単独になった時の走りが鈍かったのでそれを避けるために意識しました。


レーススタート。スタートからの半周は壮絶なポジション争いを体験できました。コーナー、ストレート、シケイン、全てにおいて抜こうとしても相手の速さに勝れなかったり人の多さで前に出れなかったりの繰り返しでした。その後何とか踏ん張っていたが少しずつ後退してしまいました。ただ1人になると尚更ダメだと思ったので必死に誰かについていきました。今回はC180%カットが適用されていたので少しずつ後ろが居なくなるのが見え自分も切られてしまいました。


今回のスタートはかなり良い方でした。一時はジュニアでも一番に出た時間帯もあったので出来る限りの抜け出しは成功したと思います。
集団で走る目標はC1の人の多さに助けられて単独走行の時間は少なく済んだと思います。
ただ自分は回転数が足りてないらしく、映像で見ても他の人より重いギアを踏んでしまっていることに気づきました。重いギアで速く回すのが理想ですが、それが出来ないならギアを下げて回転数を維持するのが必要だと感じました。練習に取り入れていきたいです。今回は週末に向け調整は一切出来ませんでしたが、これから徐々にレベルを上げていけたら良いと思います。
今回も応援・サポートありがとうございました。


TEAM GRM 上野悠佑太




シクロクロスミーティング 白樺湖 レースレポート(上野悠佑太)


日時:2018/10/14(日)晴れ
会場:白樺湖ロイヤルヒルスキー場 八子ヶ峰公園
結果:ジュニアクラス優勝
周回数:5

初めてシクロクロスミーティングに参戦した。白樺湖のコースはとても起伏があるコースと聞いていた。レースの週は色々な新しい練習の取り組み方を試してこれといってしっかり練習できてるわけではなかった。ただ体は動かしていたし当日試走の感覚もそこまで悪くなくて自信を持っていました。そして今回はC1との混走となりどこまでついていけるか試せるレースでした。
 コースは起伏が多く砂利、土、草が入り混じる幅広いコースでした。アップはランニングを絡め昼試走をしローラー台をして準備しました。

 レーススタート。スタートから絶対に前に行くと決めていたのでなにかれ構わず前に出ました。かなり強引になってしまいましたが全体の4番手でレースを展開しました。しかしその状態もすぐに終わってしまいズルズルと落ちていく一方。最初に全開で飛ばした反動がきた気がしました。それに加え中々前の人についていくことが出来ず踏ん張りが全く効かないレースでした。そして5周回を走り終了。最終的には後ろから数えられるくらいの順位でした。


 今回は練習の質が良くなかった分必然的に結果も良くなかったと思います。これからシクロが続いていきますが一つ一つ大事にしてコンディションを整えていけたら良いと思います。
今回も応援・サポートありがとうございました。




TEAM GRM 上野悠佑太



2018年10月24日水曜日

富士山シクロクロス レースレポート(後藤大地)

日付:10月21日

会場:道の駅フードパーク

結果:CJ 4位

 修学旅行からの中間テストという学校行事の連戦を終えて、練習不足のままレース当日を向かえた。
午前の試走と午後の試走を時間いっぱい行い、スタートに並ぶ。
今回のレースは自分にとって初のC1との同時出走。トップライダーと走れる楽しみの反面、しっかり走りきれるか不安があった。

スタートは前にC1が100人、後ろには0人。更にスタート後は砂利のカーブからの細かいコーナー。この区間にどこまで前に行けるかが重要!と思いながらスタート。初めて体感するトップレベルのスタート。周りの気迫に完全に飲まれ前に行けず、後ろから2,3つ目くらいの集団で1回落ち着く。少し下ってからのストレートで集団の前方に出ようと思った矢先に後ろから突っ込まれ、まさかのチェーン落ち。しかも踏み込んだ瞬間だったため変に噛んでしまい大幅のタイムロス。最後尾からの再スタートとなった。そこから2,3人追い抜くもトップレベルのライダーには簡単に追いつけず80%カットでレース終了。
photo by mother

学校行事があったとはいえ、確実に練習不足。さらにC1のスタートに飲み込まれ前に出れなかった。
けどC1の雰囲気や走りなどを間近で体験出来たのは良い経験になったのでもっと練習してC1でも戦えるようになりたいと思った。


応援ありがとうございました.

2018年10月22日月曜日

信州シクロクロス 第2戦 富士山(JCX) レースレポート (片桐 翼)


Date : 2018/10/21
Place : 静岡県富士宮市 道の駅フードパーク
Result : C1 / 73 -5lap )

前回のレースで昇格したのでC1出走でした。
しかも97人。
かなりハードなレースでした。

11時頃会場に着きランなどでアップを行い昼の試走をしました。
コースは休みどころのないきついコースでした。
3周試走をしてレースに備えました。

前回のレースで昇格したばかりなのでスタートは最後尾でした。
スタートからジュニアの選手が前に上がっていったのでそのラインをトレースして前に。
しかし、すぐに離されてしまいました。
そこからは何とか前に出るように考えながら走りましたがうまくいかず逆に失速。
どんどん順位を下げてしまい、80%カットされてしまいました。

C1で走ることの難しさを体感させられたレースでした。
現状では圧倒的にC1で走るためにはパワーとスピードが足りてない状態です。
これは日々の積み重ねをしていくしか方法はないと思うので頑張りたいと思います。
まずはC1のレースで半分より上の順位を獲ることを目標にします。

応援ありがとうございました。
TEAM GRM 片桐

2018年10月21日日曜日

信州シクロクロス 第1戦白樺湖 レースレポート (荒川 翔太)

2018/10/14

会場:白樺湖ロイヤルヒル
結果:C4   6





私の2018-2019のシクロクロスシーズンは、白樺湖で開幕しました。

レースは第1レースだったので、試走を終えたあと体を冷やさないようにし、チームテントのローラーでアップしてから招集に行きました。





今回のレースで良かったと思う点は落ち着いて1人づつコーナーでインコースをとり、着実に順位をあげられたことだと思います。




スタートでは最初のコーナーが狭かったので、落車しないようにスピードをあげずに慎重に立ち上がりました。


Photo : 駿さん



1周目ではコーナーからの立ち上がりやシケインで減速をしないように注意し、4位まで上がりました。


Photo : 信州ふぉとふぉと館さん



2周目では前の人が見えていたので、少しケイデンスをあげて後につき、階段を登ったあとの坂で抜かし3位まで上がりました。


そのまま3周目も抜きつ抜かれつでレースを進めましたが、私が周回数を間違えており、3周目のラストの坂で全部出し切ってゴールを迎えたはずが、実は4周目がありました。


4周目はそのせいで息があがってしまい、後ろからまた別の選手と抜かしたり抜かされたりの繰り返しだったのですが、階段で先を越されてしまい5位に落ちてしまいました。


息を整えラストの坂に入るとまた後ろから別の選手がきており、ラストはスプリント勝負になったのですが最後で抜かされてしましました。


悔しい結果になりましたが、まだシクロクロスシーズンは始まったばかりなので、今回の反省を生かして次は表彰台に上がります。



応援・サポートありがとうございました。














































                            


STAR LIHGT幕張レースレポート(後藤大地)

日付:11月10日(土) 会場:海浜幕張公園 結果:4位(CJクラス) 今年2戦目のシクロクロス。このコースは自分の好きなコースで楽しみにしてるレースの1つでもある。 エントリーリストを見ると出走者は5人。ほぼいつものメンツだった。その中で表彰台をとることを目標にし...